« 2013年12月 | メイン | 2014年05月 »

2014年01月 アーカイブ

2014年01月06日

総合診療科って何ぞや?

最近、病院の選び方や、病気の見つけ方などを紹介するテレビ番組が多いような気がします。
見ていると、色んな症状が自分に当てはまる気がして不安になってしまいますよね…。
定期的に健康診断を受けることはとっても大切だし、体に異変を感じたらすぐに病院を受診した方が良いと思うんですね。
でも、特に大きな病院になればなるほど、初診のハードルは高くなりますよね。
まずは近所のクリニックに受診→紹介状を持って大学病院に、という流れがなんともめんどくさいです。看護師の私が言うのもなんですがね(笑)
それで発見が遅れたら怖いじゃん!と思います。
そこでですね、総合診療科という科目があるのをご存知ですか?
比較的大きな大学病院などに設置されていて、まだ数は少ないんですが、
様々な症状を診断し、適切な診療科を紹介したり、健康相談を受けたりします。
患者さんから見た場合は、「どの科を受診したらいいか分からない」「紹介状がないけれど大きい病院で診てほしい」「小さな病院で異常なしと言われたけれど、症状がおさまらないので不安」などの解消につながります。
たとえば、微熱が下がらず小さな病院で抗生物質を出されて、服用してもまったく症状が改善されない。よくよく調べてみたらリンパ系の病気だった、なんて例もあるんですよ。
まあ、ちゃんと病院にかかることは大切なのはもちろんですが、こんな症状で救急車呼ばないで!いたずらはやめて!と思うことも看護師やってるとありますし…ぶっちゃけね。
セルフメディケーションも大切なんですけどね、それはあくまで予防の観点で。
異常を感じたらやっぱり病院を受診してほしいし、そのためにも総合診療科の普及って大切だと思います。
総合診療科は設置している施設が少ないので求人もまださほど多くはないですが、興味がある方はこのサイト「総合診療科の求人特集」をチェックしてみると良いですよ。

2014年01月14日

転職活動を知られないように行う

転職活動をしているということは、事前に知られないようにしましょう。
もしアナタが国内ではなく例えばタイの求人など海外のものを探しているなら余計にそうです。。
やはり退職しようとしていることが職場の人にバレても良いことはありませんからね。
職場の雰囲気が悪くなることも考えられますし、嫌味を言われたりして嫌な思いをすることもあるでしょう。
あるいは、嫌がらせのように残業や出張を命じられてしまうということもあるので注意が必要です。


そうはいっても、誰にも知られずに転職活動をするというのは難しいかもしれません。
特に難しいのが面接のスケジュール調整です。
一般的にどの企業も平日にしか面接をしないわけですから、仕事時間と面接時間がかぶってしまうのが普通です。


そこで有給休暇をとったりしながら面接をするわけですが、そのような行動から転職を疑われてしまうというのはよくある話です。
また、明らかに仕事に対するモチベーションが下がっていたりと、自分では気が付かないでも他人が気づくことはたくさんありますからね。


さきに退職をしてから転職活動をするというのもできないことはありません。
その方が転職活動に集中できる時間が作れますし、退職することで気持ちもすっきりすることもあるでしょう。
もし独身などある程度自由がきく身分なのであれば、先に退職をしてしまうのも選択肢の1つですね。


2014年01月27日

紙芝居屋さんに転職してみました

古きよき昭和の面影を今でも色濃く残してくれているモノといえば紙芝居屋さんではないでしょうか?

最近ではあまり、いや殆ど見なくなったといっても過言ではない紙芝居屋さんですが、今のボクには紙芝居屋さんに転職する事が大きな目標になりつつあります。それまでは金融業界で転職したいなあと思っていましたがww

ちなみに紙芝居屋さんに転職するには、とくに資格のようなモノはいりません。

だから自分がやりたいと本気で覚悟を決めれば、いつだって紙芝居屋さんに転職する事は可能なのです。

しかしながら、紙芝居屋さんに転職したとしても食べていける確率はめちゃくちゃ低いのが現状なので、現在やっているサラリーマンの仕事と並行しながら紙芝居屋さんをするほうが無難な選択だとボクは考えています。

でも、そんな気持ちでは中途半端な紙芝居屋さんにしかなれないような気がするボク。

やはり、やるからには本気でナンバーワンを目指したい性格をしているボクにとって、紙芝居屋さんに転職するという行為は何よりも大切な事なのです。

もともと子供が大好きだったボクは、紙芝居屋さんになりたいと思春期の頃から考えてきました。

しかし、そんな目標は厳しい現代社会の荒波の中で崩されてしまったのです。

大学生のとき、就職活動を頑張っていたボクは家族に対して(できればサラリーマンじゃなく、子供たちに夢や笑顔を届ける紙芝居屋さんになりたい)と言ったことがあります。

そのとき家族はボクに対して(それじゃあ食べていけないし、大学に行った意味がないよ)と怒りました。

これまで学費などをサポートしてきてくれた家族に、そんな事を言われたら何も言い返せなかったボク。

とりあえずは無難なサラリーマンの道を選びました。

しかし今はそんなサラリーマン人生に区切りをつけたいのです。

サラリーマン人生の中でコツコツ貯めたお金を切り崩しながら、紙芝居屋さんに転職し、ボクは子供たちに夢と笑顔を届けていきます!

2014年01月30日

先輩にしかられて落ち込んでいます…

看護師として働き始めて早いもので、いつの間にか1年が経ちました。
現在は2年目になり、仕事にもだいぶ慣れてきたと思っていました。
しかし先日、あるミスをしてしまい、先輩からきつくしかられてしまったのです。

私は内科で診療の補助をしているのですが、1年目から先輩についてもらって色々と指導を受けてきました。
先輩は私に対して「患者さんの気持ちに寄り添うケアを目指していこう」と言ってくれていて、尊敬できると思っています。
最初は些細なことで注意されていましたが、最近では「だいぶできるようになって、落ち着いて見ていられるわ。頑張っているね。」など
声をかけてもらい、とても嬉しかったのです。

そうやって言ってもらっていた矢先のミスでした。私は診察を終えた患者さんに処方箋を渡して会計に行ってもらうようにお願いする仕事なのですが、
先日ある患者さんの処方箋を渡し忘れていました。
結果としてその人を待合で長い間待たすこととなってしまい、体調が悪くて来た方に負担をかけることになってしまいました。

先輩からは「気が緩んだ時にそういうミスが起こりやすいから気を付けて」としかられてしまい、一気に気持ちが落ち込んでしまいました。
せっかくできるようになったと言ってくれた先輩を、がっかりさせてしまって申し訳ないです。

こんなことだと、保健師への転職も先に延びてしまいそう・・・。
しようがない。これが今の私の現状・・・。
頑張らなきゃ!!

About 2014年01月

2014年01月にブログ「看護師の管理職のHitomiがブログでつぶやく」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38