2020年07月01日

野菜はいいけど。

あるタレントさんが外国にひとりで行って、自炊生活。
でも、スーパーにいっても日本と同じものばかりがあるわけではないし、見た事のない野菜を買ってきて作るのは大変だったみたい。
そりゃそうですよねー。
もし外国にいって、見たこともない野菜があってそれを買ったとしたら、dぷするかなって考えてみました。
でも、そこで考えたらもう遅いので、買う時に、お店の人にどうやって食べるのか聞くとかすると思う。
最低でもその野菜の名前を聞いてひかえておけば、あとで調べることができますね。
ネットが通じていたら、ですけど。

そして何か作ってみて、味を確認して、、などして、やっと自分なりのレシピが出来上がっていくんですよね。
もちろん」現地の人に効く、一緒に作ってもらう、なども楽しいけど。
そのタレントさんがどうしたのかは知らないですけど、同じようなものだと思います。
見た事のない野菜を見たら。私は逆に心が躍りますけどね!!
楽しいじゃないか!

2020年06月01日

目の周りがかゆい

目の周りが、もう何年もかゆいのです。
もちろん書いてしまうし、書くと余計かゆくなるし、、皮膚も弱くなってきてます。
ツメでかいたりもしてるので、色素沈着も心配。
産腰黒くなりつつあるしね。
目のところなので本当はかいてはいけないんだけど、、でもかいてしまうのだ、だってかゆいんだもん。

顔のかゆみは、使ってる化粧品が合わない、とか、ちゃんと顔を洗ってないとか(!)、
なかには肝臓が悪いってこともあるから本当は要注意。
とはいえ、なかなかこれで医者にいっても徹底的に調べ得tくれはしないのだ。

とくにコロナのことがあるので、病院いいくのもはばかられてしまうよね。

さて、それでもしかるべき時が来たら行かなくてはいけない。
いつどんな症状だったのか、普段からメモしておくべきなのだと思う。
それくらいしないと医者って動いてくれません。

目の周りだけで済めばまだいいけど、蚊だら全体がかゆくなることもあるし、
もともとアトピーなので皮膚については敏感です。
とはいえ普段はなにもしていませんけどね。
このズボラをなんとかしなくちゃ、です。

2020年05月01日

ショウガ入りの紅茶

ショウガを入れた紅茶が流行ったときもあったようですが、
流行る前から、はやりが終わったあとも、私はショウガ入りのティーを飲んでおります。
カラダがあったまるのがいいね。
生のショウガを入れています。
これがやみつきなんだよねー!

ショウガ入りの紅茶を飲んでる人を、喫茶店で見かけましたが、
あんなの邪道、、、だって、ティーバッグにもとからショウガの味がついてるんだもん。
味がしただけでは体の意いいとはいえないのだ。
自分なりの特論だけど。

だからやっぱり家でナマのショウガを入れて飲むのだ。

長い旅行の時は、現地んpスーパーでショウガを買ってきて、
部屋で自分で煎れて飲むこともあります。
そう、、、ナイフを持参するのだ、わはは。

こうでもしないと冷え性な身体は温まらないってことです。
ショウガっていいよーー!本当に身体の芯から温まるし、健康にいいのです。
皆さんも是非!お勧めします。

2020年04月01日

ユニセフにささげた人生

女優のオードリー・ヘップバーンさんはユニセフで活動した人のひとりです。
63歳で亡くなっているんですねー、早すぎる。
私はずっと彼女はアメリカ人だと思っていました、おいつだったかな、
えーー?イギリス人なのーー?
って、知ったんです。

有名な「ローマの休日」では、本当は他の女優が求められていたそうですが、監督だかがオードリーを見て「この子だ”!」ってことで決まったのだとか。
この映画で共演したグレゴリー・ペックは、主演は自分ひとりだったのに、
「オードリーを同じ扱いにしろ」
って申し出たんですって。、
彼女の才能に気づいていたし、あとで恥をかくのは自分だ、って思ったのだとか。
それくらいすごい演技だったんでしょうね。

そのとおり、映画はほっとしたし、あの映画で女優を不動のものにしたのはオードリーです。

今私がまた見たいと思う彼女の映画が「戦争と平和」です。
なんでか、、わからない。でも見てみたいのです。もう一度。

2020年03月01日

ヨガスタジオの料金

あるところのヨガスタジオに、定期的に、とはいっても、
1年に集中して一か月だけ、、とかですが、、通っています。

そこの1か月の使用料金が、どんどん、どんどん!!・・と上がっていくのです。
行く度に上がっていてビックリ。
でも、どれだけ受けてもいい、というものですので、1日に何回も通えば、それを一か月つづけたら相当お得なものなので行ってます。
先生もいいしね。

2週間受け放題、っていうのもあるのですが、では、3週間っていうのはどうなるのだ、、
ないんですよ、3週間っていうコースが。
なので、3週間通いたい人は1カ月のを買うか、2週間と1週間を買う。
でもそれだったら一か月チケットを買ったほうがお得、、
どうするかはあなた次第、みたいな。

私だったら1カ月コースを買います。
どうせ通うのだし、お得だし。
でも、あまり通わない人であればそこは悩みますね。
1カ月通いたい放題を買って3週間、、、なら、絶対一か月だなー。私はね。

もう料金上がらないでほしいーー。

2020年02月01日

ツイッターの拡散

フェイスブックでの「拡散」はよく聞いてたけど、最近はTwitterの拡散も多くなってきました。
どうやって拡散するのかさえ分かってないのですが(笑)、
去年の首里城の火災の映像も「拡散」って言葉があって、
消防職員さんから出たものだとかで問題になってました。

拡散はふせげないですね。

炎上、とかも。。

Twitterって、ツイートなので何かをつぶやくのかと最初は思ってました。
もちろんつぶやいてる人が多いのですが、それが話題になり、
こうして拡散、なんてことも出来てしまうようになりました。

こういうSNSってなにかと問題が多いですね。
イジメの道具にもなっているし。

自分はあまりやっていないし、読んでもいないのですが、そのようです。
どうやってそれをするの?っていう機能が多くて困ります。
でも、、そのくらいの方がいいのかも。
イジメにも関わらなくて住む市、嫌なものを読まなくてもいい。

逆に、いいことも読めないですけどね。
いいこと、というのは広まっていかないんだよねーー。
そこが問題なのです。

2020年01月01日

ドレスコード

ドレスコード、というとエレガントな装いに感じるけど、今日はなんとマラソン。
マラソンをする時に「何か面白いもの」を身につける、または着る、というドレスコードがあって、
その時に皆がしてたのは、
カチューシャがトナカイ、とか、
思いっきりポケモンの恰好(着ぐるみ、まではいかない)とか、
古くなったセーターを切って着てます、とか、
そんなのが多かったように思う。

カチューシャくらいなら走る事に邪魔にはならないけど、着ぐるみくらいになると走れない。
でも、走って競うのが目的ではないので、いかに面白い恰好をするか、にかかっているようです。
マラソンで、ですよ、面白いでしょ。

そのマラソンをずっと見ていましたが、見ている人は「よーい、スタート!」でもう飽きてしまい、でも、走っている人は、観客がずっと自分たちを見て笑っていると信じて走っていました笑

結局は、走っている人たち、その、面白い恰好をした人たちが一番楽しんでいるんですよねー。
自分はしないけど、、、でも、見てるのは楽しかったです。

2019年12月01日

床の拭き掃除

フローリング部分はよく拭き掃除をします。
昔ながらのやり方です。
これをしないと綺麗になった気がしない、モップなんてもってのほかだし、
掃除機だけ、み気がすまない、両方がベストですね。

掃除しないと嫌な人手、嫌いじゃないのでいいのです。
でも雑巾というものがないので、タオルなどで手づくり。
今って雑巾も売ってないですし、売ってても買いませんけどね。

昔はおばあちゃんが塗ってくれたりなんかしたものですが、そういうことをする人もいなくなりました。

そうした布で床を拭いていると、細かい汚れも分かるし、髪の毛が落ちてた、、、ってこともわかっていいですよ、最近は髪のケガ減ってきたなー、って思えば、落ちてる量も増えてきた、とかね。
(我が家のことではありません)

床も可愛がってあげないとね。
いつも歩かせていただいてるわけだし、床が気持ちいいと、気分もよくなりませんか?
歩いてもざらざらしなくて清潔だと気持ちいいでしょ?

そんな気持ちいい日を1日でも増やすために、じかんがあれば拭き掃除です。
どうしてだろう、昔からの習慣なんですよ、拭き掃除大好き人間!

2019年11月01日

いいじゃないか別に

わざわざ言わなくてもいい事リスト、みたいなもののなかに、
「どこそこへ行きたいなー」がありました。
うざいらしいのですが、どうでしょう?
私は別にうざくないし、自分もいいます。
それがトイレだったらうざいかもだけど、話しの流れで「ドイツ行きたいなー」とか、、言うでしょ?

そうじゃなくていきなり言われたら「ん??」ってなるかもだけど、
それにしてもそれを言うことでうざいとは思わない。
にんげんって面倒なものですねー、ほんとに。

「前髪切ろうかな」って言っただけでうざいんですって。
勝手にやれば?なんですって。
それを言われてうざいって思う方の心理状態をいたがうわ。
もちろん大事な会議中に急に「前髪切ろうかな」はうざいけど、、、そうじゃないと思うし。

どういう意図の記事なのかわからないけど、うざいってことを書くだけで仕事になるのなら、私もたくさん書きたいわ(笑)。
うざいって思う事はないわけじゃない、でもそれは時と場合によるので、そこをつつこうと思うよ。
人がなにかを行ってうざくても、ときには自分もやってることだしね、いいっこなしです。

2019年10月01日

ウイリアム王子

イギリスのウイリアム王子は、娘のシャーロット王女に
「髪の毛をポニーテールして」
ってせがまれて、自分の髪では練習できないし、おそらくその日はナニーも、
お母様であるキャサリン妃もいなかったのかな、、
なんとユーチューブを見て練習されたんですって。
そしてなんとかやってあげたみたい、お父さんぶり発揮ですねー。

このことは当時も話題になってましたが、そういえば世の中の多くのお父さんは、
髪の毛の結び方なんて知らないよね、もちろん自分で結ぶなんて一生ないと思ってます。
それが、ムスメってのが出来るとこういうこともあるんですねー。
やってあげたらお父さんのカブも上がる!
なんたってお父さんって出番が少ないものですし。

それにしても、その時だけかもですが、王室には誰もいなかったのか。。
そこも気になります。
常にだれかがついてるイメージです。
それとも、誰かいたけど、シャーロット王女はウイリアム王子にやってもらいたかったのかも?
いーい親子像ですね~。
ウイリアム王子とキャサリン妃も本当に仲良しだしね、あの家族は未来のイギリスを盛り上げてくれそうです。
どうかこのまま平和な家族でいてほしいです。

カテゴリー

   
Powered by
Movable Type 3.38